三菱マテリアルとは

技術開発部

技術開発部
技術開発部

多様で変化のスピードが早いユーザーニーズを先取りしながら、伝統のある材料分野での研究開発をはじめ、自動車、情報エレクトロニクス、環境・リサイクル、エネルギーなどの幅広い分野の研究開発に取り組んでいます。技術開発部は常に時代の先端を走り、セメントや非鉄金属といった基礎素材から金属加工品や電子材料まで、幅広い事業領域を持つ当社の将来を担う重要な役割を果たしています。

研究分野

薄膜材料研究部

薄膜および界面をナノレベルで制御することにより新機能を発現させることを目指しています。

金属材料研究部

金属材料と金属加工プロセスの開発を軸とした研究開発を行い金属の可能性を追求しています。

材料応用研究部

エレクトロニクスやエネルギー分野におけるデバイス技術により、材料応用の可能性を広けています。

CAE応用研究部

新規材料探索で開発のイノベーションを目指しています。

分析評価研究部

創立からの豊富な経験と伝統を誇る分析技術をもって、三菱マテリアルグループにおける分析技術の中心的役割を担っています。

開発エンジニアリング部

開発成果を生産設備に繋げ、工程を自動化・省力化に取組み、開発成果を生産設備に繋げる役割も担っています。

電子材料研究部

反応プロセス制御技術をベースでつくりあげる高機能素材の研究開発により、高性能、高信頼性に寄与する製品を創出しています。

パワーエレクトロニクス材料研究部

異種材料接合で環境負荷低減を考え、付加価値の高い製品群を創出しています。

都市資源リサイクル研究部

都市鉱山の開拓・資源化の実現を目指し、レアメタルやフッ素などのリサイクルまた環境保全のために必要な前処理技術及び革新的な湿式・乾式化学反応プロセスの開発に挑戦しています。

材料解析研究部

材料解析の視点から現象を解明し、最新の分析技術に取り組み、メカニズムの究明、特許化支援まで踏み込んだ解析を展開しています。

プロジェクト推進部

自動車、エレクトロニクス、エネルギー、環境リサイクル分野の次期二ーズを取り込み、中長期的に事業の柱となる新事業開発を推進しています。中央研究所の技術と当社グループが保有する技術を融合することによって創出される新しいコア技術をべースにした製品群の事業化を目指したプロジエクトに取り組んでいます。

トピック

機能研究と実現化を進める独自の研究体制

当社では、「コーポレート・ラボ」と「ディビジョン・ラボ」の2本柱による研究開発体制を採用しています。「コーポレ-ト・ラボ」では、全社横断的に将来における事業の種(シーズ)となるような基礎研究開発を手がけ、「ディビジョン・ラボ」では、個々の事業・製品に特化した、コスト低減、高効率化、高品質化につながるような開発を推進。これにより、技術をスピーディーに製品化できる体制を構築しています。

社員の主な出身学科

材料・金属系
化学・化学工学系
物理系
機械系
電気・電子系
土木・建築系
資源・地質系
原子力系
情報・経営工学系
文系
ページのトップに戻る

©2016 Mitsubishi Materials Corporation. All rights Reserved.