三菱マテリアルとは

資源部

資源部
技術開発部

資源小国と言われる我が国において、資源の獲得は総合素材メーカーである当社にとって原料調達から製錬・加工、製品販売までのビジネスを安定的に継続するための重要な課題となっています。
しかし近年の資源メジャーの寡占化、資源ナショナリズムの台頭、コモディティ価格の変動など資源分野を取り巻く環境の変化により、我々国内のメーカーにとって資源の安定的な調達はますます難しくなっています。
こうした状況下で当社の川上から川下まで至るビジネスの持続的な発展のため、資源の安定確保は不可欠であり、当社資源部は既存鉱山の安定操業、新たな資源開発案件の発掘に取り組んでいます。
また人材の教育に関しては、当社が出資する海外銅鉱山を中心に、国内で操業する石灰石、石炭鉱山および地熱等の現場勤務を通じて、資源技術者の育成を図っています。

トピック

資源事業

海外鉱山への投融資を行い、銅鉱石、石炭等の長期安定確保とともに、収益の向上を目指しています。鉱物資源に関する探査・開発、鉱業権や投資先鉱山の管理等も行っています。

社員の主な出身学科

材料・金属系
化学・化学工学系
物理系
機械系
電気・電子系
土木・建築系
資源・地質系
原子力系
情報・経営工学系
文系

事業戦略

●資源事業
・新規鉱山開発
・既存鉱山の安定操業

ページのトップに戻る

©2016 Mitsubishi Materials Corporation. All rights Reserved.