三菱マテリアルとは

事務系コーポレート部門

総務・法務・人事、経理・財務、物流資材(事務系コーポレート部門)
その他コーポレート部門
総務 法務

総務部では、会社経営や事業運営に対する法的側面からのサポート、コーボレートガバナンスの強化やコンプライアンス活動を通じた公正な事業活動の推進、不動産などの資産管理、庶務・渉外業務、危機管理など、多岐に亘る業務を行っており、会社の活動のあらゆるところに関与・支援する「扇の要」の役割を担っています。
当社は、国内のみならず世界各国において、多種多様な事業を展開しています。各国の法令を遵守し、地域の文化や社会との関わりに配慮しながら、円滑な事業活動を遂行できるよう、総務・法務業務のプロフェッショナルとして、日々業務を行っています。

その他コーポレート部門
人事

人事部は、企業における人的資源の価値向上が注目されている昨今、従来にも増して重要且つ広範な役割を担っています。 人事の仕事は、人である社員に関するすべてと言っても過言ではありません。具体的には、採用から、配置、報酬、労働条件、評価、能力開発、安全衛生、福利厚生等々、それらの企画・制度設計から運用まで、一人ひとりの社員が活き活きと快適に働き、高いモチベーションを維持しながら最高のパフォーマンスを発揮できるような環境づくりに取組んでいます。
また、事業内容や地域を問わず、社員がいるところには必ず人事に関する業務が存在します。国内外の事業拠点における事業運営のサポートとしての人事業務からヘッドクォーター機能としての全社横断的な人事業務まで、多種多様な活躍のステージがあります。

その他コーポレート部門
経理・財務

経理・財務部は、会社経営や戦略立案に重要な指針となる経理数値を扱っている部門です。“経理”という言葉が、“経営管理”に由来する通り、企業経営における重要な役割を担っています。事業部門における製造原価の管理から、投資案件のシミュレーションまで業務領域は幅広く、単に数字を扱うだけではなく、数字の裏にある事業経営・企業経営を左右するキーファクターを扱う仕事です。経営判断のための重要な指標を取り扱っていることに加え、株主・投資家をはじめとする様々なステークホルダーへの経営情報を提供するために、正確、かつタイムリーな業務推進が欠かせません。
事業の進むべき道を示す“羅針盤”としての役割に、誇りとやりがいを感じるプロフェッショナル集団です。

その他コーポレート部門
物流資材

物流資材部では、総合素材メーカーとして、サプライチェーン全体(ステークホルダー)との共存共栄を常に意識しつつ、多くのお取引先のご協力を得ながら、世界中から原材料や資材の調達を行っています。調達においては、当社企業理念、行動方針はもとより、関係規則・方針やCSR調達ガイドライン等に基づき公平・公正な取引、法令遵守、グローバルな人権問題等に配慮しながら、お取引先とのより良い協力関係づくりを目指しています。
また、すべての品目について有利に調達を進めるために、世界の市場動向を睨みながら、より低価格で質の高い物資の安定調達に取り組む一方、物流については販売ルートの全体最適化を目指したロジスティスク・マネジメントを展開しています。また、近年ではグリ-ン調達やモーダルシフトといった、環境負荷を低減する取り組みについても力を入れています。
「調達コストの削減により企業利益を創出する。」近年調達部門に求められることは多様化、そして高度化してきており、戦略的な最適調達、最適物流の実現のため、プロフェッショナルバイヤー集団として幅広いフィールドで活動しています 。

トピック

幅広い部門で専門性を持って働く。
三菱マテリアルのコーポレート部門

コーポレート部門

当社のコーポレート部門は、経営資源の管理や円滑な組織全体の運営を支援する役割を担っています。それぞれが、専門知識や技術をもって、横断的にグループ全体を支え、幅広いフィールドで活躍しています。

社員の主な出身学科

材料・金属系
化学・化学工学系
物理系
機械系
電気・電子系
土木・建築系
資源・地質系
原子力系
情報・経営工学系
文系
ページのトップに戻る

©2016 Mitsubishi Materials Corporation. All rights Reserved.