ライフサイクルアセスメント

ライフサイクルアセスメント(以下LCA)は、製品のライフサイクル(資源の採取、素材製造、製品製造、使用、廃棄・リサイクル、輸送)において、投入される資源・エネルギーやそれに伴い排出される環境負荷とその地球や生態系への環境影響を定量的に評価する手法です。

LCAの実施により、製品の環境負荷や環境影響を調査・把握するとともに、これらを改善し、環境保護、資源の有効利用へ貢献していくことを目指しています。

当社では、数年前よりLCAの調査研究に取り組むとともに、実際に鉄道トロリ線、等の当社製品を対象に環境負荷の評価を行っています。

さらに、製錬、家電リサイクル等の三菱マテリアルグループの環境リサイクル事業を対象として評価を行うとともに、これらの事業がどの程度社会全体の環境負荷の低減に貢献しているかといった評価についても行っています。

今後も、製品やプロセスに対してLCAを実施することにより環境負荷の評価・実態把握や改善を行うとともに、製品開発・製造の分野へのLCA活用についても取り組んでいきたいと考えています。

Page top