ライフサイクルアセスメント

環境リサイクル事業の評価

三菱マテリアルグループでは、その事業活動において他産業からの廃棄物や副産物を数多く受入れており、これらを原料や燃料の代替物として利用、あるいはリサイクル工程で処理し、有用物として再資源化する取り組みを積極的に進めています。

そこで、最終処分廃棄物量、天然資源消費量(鉱物資源、エネルギー資源)、及び CO2排出量の低減・節減効果をLCA手法を用いて試算しました。

これは、マテリアルグループの取り組みが社会全体の環境負荷をどの程度低減しているか、すなわち社会的貢献を示したものです。

今後は、これらの評価を新たな付加価値(サービス)として行っていく予定です。

みんなの生活を支える三菱マテリアルのリサイクル
Page top