プレスリリース

2018年11月15日

チリ共和国ロスペランブレス銅鉱山の増産プロジェクト実施について

三菱マテリアル株式会社(取締役社長:小野 直樹、資本金:1,194億円)は、権益の10%を間接的に保有しているチリ共和国ロスペランブレス銅鉱山における増産プロジェクトの検討をかねてより行ってまいりましたが、このたび本プロジェクトの実施を承認することとしましたので、お知らせ致します。

本プロジェクトは、2019年から開始され、2021年中頃に工事を完了する予定です。これにより、選鉱処理量は190千t/日となり、工事後の15年間については銅量にして年間6万tの増産が見込まれます。本プロジェクトには、生産設備の増強に加え、海水淡水化プラントの建設も含まれており、その建設費用は約13億米ドルを要する見通しです。

当社は、本プロジェクトを通じて、当社の重要資産であるロスペランブレス銅鉱山の価値向上と銅鉱石の安定調達に努めてまいります。

(参考)ロスペランブレス銅鉱山概要

生産開始年
1999年12月
権益持分比率
Antofagasta plc. 60.00パーセント
JX金属株式会社 15.79パーセント
三菱マテリアル株式会社 10.00パーセント
丸紅株式会社 9.21パーセント
三菱商事株式会社 5.00パーセント
生産品目
銅精鉱、モリブデン精鉱
年間生産量
34.4万t(銅量ベース)

以上

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る