プレスリリース

2017年3月22日

直径20mmの円筒型ガスアレスタで最大100,000アンペアの高サージ耐量を達成

三菱マテリアル株式会社(取締役社長:竹内 章、資本金:1,194億円)は、インフラ設備向け電源回路防護素子である直径20mmの円筒型ガスアレスタにおいて、最大放電電流(Imax)※1100,000アンペアの高サージ耐量を達成しましたので、お知らせいたします。

円筒型ガスアレスタはサージ防護素子の一種であり、各種のサージ(異常電圧)から電気機器を防護するための電子部品です。サージには、誘導雷サージ※2、静電気サージおよび電気回路の開閉によるサージ等がありますが、近年では異常気象および地球温暖化の影響から落雷が増える傾向にあり、落雷による瞬間的なサージによる設備の被害が多発しています。昨今では、太陽光発電所、風力発電所、鉄道用信号および上下水道施設等といった社会基盤を支えるインフラ設備、確実なデータの保持が求められるデータセンタ、医療機器装置の安定動作が必要な病院、瞬時停電を嫌う半導体や特殊材料の製造工場等での使用に耐える小型かつ大容量の雷サージ防護素子に対するニーズも高まっています。

当社は、主に電子機器や情報通信機器等に使用される、リングバリスタ、ガラス管式サージ防護素子、チップ型サージ防護素子をこれまでに提供してまいりました。今回の開発では、こうした従来製品の技術をべースに、電極材料の見直しや電極形状の最適化、電極表面に塗布している材料の組成や配置方法の工夫など独自技術を駆使しました。その結果、直径20mmと小型ながら、最大放電電流(Imax)100,000アンペアの誘導雷サージから各種インフラ設備をはじめとする各種大型機器・装置を防護することが可能な高サージ耐量円筒型ガスアレスタの開発に成功しました。今後、市場動向をみながら、量産・販売の検討を進めてまいります。

今般開発した円筒型ガスアレスタの特徴は、以下の通りです。

高サージ耐量
直径20mmの小型サイズながら、最大放電電流(Imax)100,000アンペアのサージ電流に対応可能です(IEC※3規格で定める誘導雷波形(8/20μs)の条件で電流を与えた場合)。また、70,000アンペアの繰り返し10回のサージ電流に対し、安定した動作を保証します。
安定した動作電圧
繰り返しサージ電流に対して放電開始電圧(Vs)の変化が小さく、設定した電圧で安定に動作します。落雷により発生する誘導雷サージの概ね99%以上に対して有効性を発揮します。
優れたサージ応答性
急峻な誘導雷サージに素早く応答します。
広範囲な電圧に対応
放電開始電圧(Vs)300V~1,000Vまで対応します。

当社では、40年以上にわたりサージ防護素子の製品提供を行っており、今後もさまざまな産業機器や電子機器のサージ防護を目的とした製品の開発・製造・販売に努めてまいります。

※1.
最大放電電流(Imax)
サージ防護デバイス(SPD;Surge protective device)に1回以上流すことが出来る誘導雷サージ電流(8/20μs)の最大値。
※2.
誘導雷サージ
雷雲と大地間で放電(落雷)した時に大電流が流れて発生する電磁界により、落雷点近くの送電線や通信線に発生する異常電圧。
※3.
IEC(International Electrotechnical Commission)
国際電気標準会議。電気工学、電子工学、および関連した技術を扱う国際的な標準化団体。

<関連リリース>
2015年12月9日
最大20,000アンペアの高サージ耐量円筒型ガスアレスタを開発
~サージ保護素子製品群のラインナップを充実~
http://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2015/15-1209.html

円筒型ガスアレスタ
(左:直径8mm、右:直径20mm)
円筒型ガスアレスタ (画像をクリックして拡大イメージを表示)

以上

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る