プレスリリース

2016年10月 3日

2016年度下期地金生産計画について

2016年度下期の当社地金生産計画は、以下の通りですので、お知らせ致します。

2016/10 ― 2017/3
(今期計画)
26,712 T/月
2,347 T/月
4,250 kg/月
31,167 kg/月

(参考)

2016/4 ― 2016/9
(前期計画)
2015/10 ― 2016/3
(前年同期実績)
28,275 T/月 26,682 T/月
2,347 T/月 2,336 T/月
3,492 kg/月 3,543 kg/月
31,917 kg/月 36,448 kg/月
(前年同期実績との比較について)
  • 銅については、直島は炉修の影響で3月の生産が落ち込むことから、前年同期比約5%減、小名浜は前年同期比約11%増となり、全体では前年同期からほぼ横ばいとなる計画。
  • 金の増加については、主に直島スライム及びGresikスライムの受け入れ増によるもの。
  • 銀の減少については、主に受け入れたスライムの銀品位の低下によるもの。

以上

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る