プレスリリース

2016年6月16日

インダストリー4.0に対応した切削工具3次元CADデータ提供を開始

三菱マテリアル株式会社(取締役社長:竹内 章、資本金:1,194億円)の加工事業カンパニーは、国内外の顧客への効率的な技術情報の提供を目的に、インダストリー4.0に対応した切削工具の3次元CADデータの提供を開始しましたので、お知らせいたします。

ドイツ政府が推進する第4次産業革命といわれるインダストリー4.0は、IoT(Internet of Thing)やCPS(Cyber Physical Systems)といった情報技術を駆使して、機械と人、あるいは機械同士があらゆる領域でネットワーク化することによって製造現場の最適化を図る戦略です。日本でも同様に、システムのネットワーク化による「超スマート社会」の形成が国家戦略に挙げられています。インダストリー4.0では共有するデータを標準化することが最も重要な技術の一つとなっており、切削工具のデータについても、インダストリー4.0に対応した国際規格であるISO13399※1およびGTC(Generic Tool Catalog)※2に準拠したデータを提供することが求められています。

このたび当社は、カタログに掲載する標準品の切削工具を対象に、上記規格に準拠した3次元CADデータの提供を開始します。データはMachiningCloud社※3のウェブサイトを通じて顧客に提供します。顧客は、マシニングセンターやCNC旋盤で実際に切削加工を行う前に、ダウンロードした3次元CADデータによる切削シミュレーションを行うことによって、高精度な動作確認や加工プログラム作成を行うことができるようになります。

従来の切削工具の3次元CADデータには、工具ホルダーやインサート等の必要部材を組み合わせるための情報が含まれておらず、精密な確認を行うためにはCADによる複雑な操作が必要となっていました。MachiningCloud ™では、ISO13399やGTCで定義された組み合わせ情報を使って、自動的に必要部材を組み合わせる機能を持ち、顧客はシミュレーションに必要な切削工具の3次元CADデータの各パーツを簡単に組み合わせることができます。また、データベースにアクセスすることにより、パソコンやタブレット端末でISO13399やGTCの製品情報に基づく切削工具製品名を選択するだけで、何万種類もの切削工具のCADデータを無償で短時間に入手することが可能です。

当社加工事業カンパニーは、切削工具メーカーのリーディングカンパニーとして、ものづくりの技術情報を効率的に提供するという社会の要請に応えていくことにより、企業理念である「人と社会と地球のために」貢献してまいります。

※1
ISO13399
コンピュータで解釈できる「切削工具データの表現と交換」に関する国際標準規格。
切削工具の製品情報、データベース構築方法やCADデータ作成に係わる規定など、全世界の切削工具を同一のパラメータ(属性)で定義付け、システム間の情報通信をスムーズに行うことを目的に制定されたもの。
※2
GTC(Generic Tool Catalog)
切削工具に関係する世界の有志企業が運営するフォーラムによるISO13399を補完する切削工具データベースの規格。
GTCに関するウェブサイト http://gtc-tools.com/
※3
MachiningCloud社
MachiningCloud GmbH(本社 スイス国)。切削加工のソリューションを提供する会社。
MachiningCloud社 ウェブサイト https://www.machiningcloud.com/

【加工事業カンパニーウェブサイト】 http://carbide.mmc.co.jp/
※上記サイトからも、当社の切削工具に関する情報を常時提供しています。

【データダウンロードに関する問合先】 (部 署)加工事業カンパニー開発本部加工技術センター
(住 所)〒330-8508 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目297番地
048-641-4220
048-641-4159

インサートが組み合わされた状態の例 インサートが組み合わされた状態の例 (画像をクリックして拡大イメージを表示)
インサートが分離された状態の例 インサートが分離された状態の例 (画像をクリックして拡大イメージを表示)

以上

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る