プレスリリース

2015年12月15日

技術の伝承を目的とした「切削加工技術 ユーザー研修」を開催

三菱マテリアル株式会社(取締役社長:竹内 章、資本金:1,194億円)の加工事業カンパニーは、切削工具のリーディングカンパニーとして培った切削加工に関する最先端の技術、技能、ノウハウを切削工具ユーザー(以下、ユーザー)の技術者に体系的に伝承するため、2016年度よりユーザーの技術者を対象にした「切削加工技術 ユーザー研修(以下、本研修)」を開催しますので、お知らせいたします。

ものづくり大国と言われる日本においても、ユーザーの中には必要とわかっていながら、技術者に対する切削加工技術の体系的な教育が不充分なため、技術の伝承にほころびがみられる現状にあります。一方、当社は業界をリードする製品の供給と関連する様々なソリューション提供により、切削加工に関する最先端の技術、技能、ノウハウを確実に蓄積してまいりました。

そこで当社は、今までにない試みとして、ユーザーの技術者育成を目的とした切削工具メーカーならではの体系的な研修を、初年度となる2016年度は受講費無料で提供してまいります。本研修は、埼玉県にある当社さいたまオフィス内の加工技術センター施設にて、切削加工に関する入門・基礎・応用コース、および工具損傷改善コース、ツーリング技能習得コースなど、受講者の経験やレベルに合わせた、ユーザーの悩みに応える多彩な研修コースを準備の上、2016年6月以降順次開講する予定です。詳細な募集案内は、同年2月以降に当社ホームページ等の中で告知する予定です。(募集開始しました 3月2日追記)

当社は、ものづくりの技術、技能、ノウハウの継承という社会の要請に応えていくことにより、企業理念である「人と社会と地球のために」貢献してまいります。

【切削加工技術 ユーザー研修コース 詳細】

講座名 概要
入門コース 切削加工の種類を理解し、カタログからの工具選定や、切削条件の計算方法を習得 1日
基礎コース 切削加工の種類や被削材を理解、工具の基礎知識を体系的に学習 2日
ターニング応用コース ターニングの詳しい知識を体系的に理解、トラブルシューティングとツーリングを学習 1日
ミーリング
・ドリリング応用コース
回転工具の詳しい知識を体系的に理解、トラブルシューティングとツーリングを学習 2日
ターニング切りくず処理
・損傷改善コース
ターニングの切りくず処理と工具損傷の改善方法をNC施盤で体験し、詳しく学習 1日
ミーリング工具損傷改善コース ミーリングの工具損傷の改善方法をマシニングセンターで体験し、詳しく学習 1日
切削抵抗解析コース 切削動力計を使った、各種被削材の各加工形態における切削抵抗の測定・解析 1日
高速度カメラ解析コース 各加工形態における切削過程の観察と、切りくず処理・解析方法についての学習 1日
難削材加工習得コース 難削材の知識、難削材の種類に応じた工具選定と切削条件設定を学習 1日
他に振動解析や超高圧工具、そして金型加工に絞ったコースなどもあります。

※その他、代理店や特約店の営業スタッフ等を対象とした「ツールズカレッジ」等、様々な研修プログラムを用意していく予定。

加工技術センター内研修室

加工技術センター内研修室 (画像をクリックして拡大イメージを表示)

【本件に関するお問合せ】

(部署)加工事業カンパニー開発本部加工技術センター
(住所)〒330-8508 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目297番地
 048-641-4220 048-641-4159

【ご参考】

 加工事業カンパニーウェブサイト http://carbide.mmc.co.jp/

以上

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る