プレスリリース

2014年6月12日

四日市工場爆発火災事故に関する 事故調査委員会最終報告について

本年1月9日に発生した弊社四日市工場における爆発火災事故につきまして、亡くなられた方々に対し哀悼の意を表し、ご遺族に対し衷心よりお悔やみ申し上げます。
また、近隣にお住まいの方々をはじめとする多くの関係各位に多大なるご心配、ご迷惑をおかけしておりますこと、深くお詫び申し上げます。

本事故の発生を受けまして、弊社では、原因究明および再発防止策の策定を目的として、1月17日に、社外の学識経験者および専門家を中心に構成される「事故調査委員会」を設置しました。
同委員会は、約5ヵ月間にわたり、計7回の委員会を開催し、弊社から提供した各種実験データや解析結果等について検証を進めてきましたが、このたび事故発生に至る原因等および再発防止対策の提言が別添のとおり最終報告として取りまとめられましたので、お知らせいたします。

以上

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る