プレスリリース

2014年1月14日

四日市工場における爆発火災事故に伴う役員報酬一部返上について

1月9日(木)、弊社四日市工場にて発生致しました爆発火災事故につきまして、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げ、ご遺族に対し心よりお悔やみを申し上げますとともに、負傷された方、近隣住民・企業の皆様、関係ご当局の皆様、お客様をはじめとする多くの方々に多大なご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。
弊社といたしましては、このたびの事故により5名もの尊い人命が失われたこと、負傷された方をはじめ、多くの方々にご迷惑とご心配をおかけしたことを重く受け止めております。
つきましては、かかる事態に鑑み、会長・社長をはじめ取締役並びに常務執行役員の報酬を下記のとおり一部返上することと致しましたので、ご報告申し上げます。
なお、今回の事故に関する社内処分につきましては、今後事故原因が究明される中で、検討して参ります。

  1. 対象者及び返上率
    取締役会長・取締役社長
    役員報酬月額の30%
    取締役副社長
    役員報酬月額の20%
    常務取締役・常務執行役員
    役員報酬月額の20~15%

    ※ 社外取締役、在外常務執行役員は対象外としております。

  2. 返上期間
    平成26年1月分より当分の間

なお、今後事故原因が究明される中で、更に検討して参ります。

以上

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る