プレスリリース

2013年2月13日

静音化、高効率化に寄与するリアクトルコアの開発について

三菱マテリアル株式会社(取締役社長:矢尾 宏、資本金:1,194億円)は、ハイブリッドEVを始めとする各種電気自動車のDC/DCコンバータ、太陽光発電や風力発電のパワーコンディショナおよびエアコンなど省エネ家電用インバータの静音化、高効率化を実現するリアクトル用圧粉成形コアを開発いたしましたのでお知らせいたします。

従来、DC/DCコンバータなどに使用されるリアクトルコアには0.1mm厚の高級電磁鋼板が使用されてきましたが、高級電磁鋼板が高額である上に多数枚の積層が必要となるため製造コストが高くなること、製品形状に制約が大きく小型化が困難であることなどから、現在は圧粉成形コアの採用が進んできています。しかしながら現状の圧粉成形コアは、リアクトルコアとして使用したときにDC/DCコンバータ等のIGBTやMOSFETのスイッチング動作に伴う騒音が発生し、自動車や住宅などの居住空間の快適性を損なうといった問題がありました。三菱マテリアルでは、こうした問題を解消すべく、人と環境に優しい材料を目指し、騒音が小さくかつ鉄損(動作時にコアの発熱として失われるエネルギー)が小さい圧粉成形コアを開発しました。

鉄損が小さいことを特長とする当社独自の高耐熱MgO系絶縁皮膜を施した純鉄粉末をベース材料に、騒音の原因となる圧粉成形コアの磁歪(リアクトルに電流を流したときにコアが伸び縮みする現象)を低減するために配合する合金粉末の組成、粒度を最適設計するとともに、バインダ添加プロセス、成形・熱処理プロセスの見直しを行うことにより、低騒音で低鉄損のリアクトル用圧粉成形コアの開発に成功したものです。

今回当社が開発した圧粉成形コアをDC/DCコンバータのリアクトルに搭載することにより、従来の当社製品と比較してリアクトルから発生する騒音が最大約13dB程度低減されるとともに、従来以上の高い電源効率が得られることが実証されております。今後、当社が開発した圧粉成形コアを用いることにより、これまで以上にさまざまなパワーエレクトロニクス分野への応用が期待されます。

三菱マテリアルではこれからも人と社会と地球のために、リアクトルコアを始めとしたパワーエレクトロニクス関連材料の開発を通じて環境負荷の低減に貢献するため、チャレンジを続けてまいります。

リアクトルの例(ご参照1)圧粉成形コアを使用したリアクトルの例 (上下の灰色部分と点線で示されたコイルの巻かれている部分が圧粉成形コア)

騒音評価例(ご参照2)DC/DCコンバータ運転時のリアクトル騒音評価例

以上

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る