プレスリリース

2012年11月 5日

The London Platinum and Palladium Marketが認定するGood Deliveryリストへの登録について

三菱マテリアル株式会社(取締役社長:矢尾 宏、資本金:1,194億円)の連結子会社であるマテリアルエコリファイン株式会社は、このたび、The London Platinum and Palladium Market(LPPM)の認定するGood Deliveryリスト(GDリスト)に、白金およびパラジウムの製造会社として登録されましたのでお知らせいたします。

LPPMは、世界で流通する白金、パラジウム市場で最も権威のある登録認定機関であり、製造会社がLPPMのGDリストに登録された場合、当該会社が製造する製品は市場において、より高い信用や信頼を得ることができます。今回、マテリアルエコリファインが登録申請を行った背景には、地球上の希少な資源である白金やパラジウムの流通量を増やすには、GDリストに登録し製品の信頼度を高めることが必要との判断によるものです。
レアメタルである白金などは、現在、自動車用触媒などに使用されていますが、その使用量は年々増加する傾向にあります。
このため、マテリアルエコリファインでは、電子材料メーカーから発生するスクラップや宝飾品系スクラップなどから白金などをリサイクルして市場に供給していますが、今回の登録により、同社はこれまで以上に強固な供給体制を整えることができました。

三菱マテリアルは、ロンドン金市場の登録認定機関LBMA(The London Bullion Market Association)の金、銀について、すでにGDリストに登録されており、今回マテリアルエコリファインが白金、パラジウムでGDリストに登録されたことにより、当社グループは金・銀・白金・パラジウムの4金属が登録された国内唯一の銅製錬メーカーグループとなります。当社グループでは、今後とも製品の品質向上に努めるとともに市民生活に欠かすことのできないベースメタル・レアメタルの安定供給を図ってまいります。

(ご参考)白金の写真 白金

(ご参考)パラジウムの写真 パラジウム

以上

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る