プレスリリース

2012年1月17日

カナダ国ハックルベリー銅鉱山の新長期生産計画について

三菱マテリアル株式会社(社長:矢尾 宏)、古河機械金属株式会社(社長:相馬 信義)、DOWAホールディングス株式会社(社長:山田 政雄)の子会社であるDOWAメタルマイン株式会社(社長:山﨑 信男)、丸紅株式会社(社長:朝田 照男)が出資するカナダ国ハックルベリー銅鉱山の新長期生産計画が、2011年12月30日に、ブリティッシュコロンビア州政府より承認されましたので、お知らせいたします。
本計画の承認により、ハックルベリー銅鉱山の山命は、現状の2014年から、2021年へと7年間延長されます。また、年間銅生産量はほぼ現状並みの約2万トン(銅精鉱約7万トン)を予定しております。

ハックルベリー銅鉱山は、カナダ・ブリティッシュコロンビア州に位置する銅鉱山であり、インペリアル・メタルズ・コーポレーション(カナダ)が50%、三菱マテリアル株式会社が31.25%、古河機械金属株式会社、DOWAメタルマイン株式会社、丸紅株式会社が各6.25%の株式を保有しております。1997年の生産開始以来、生産する銅鉱石の全量を、三菱マテリアル株式会社、古河機械金属株式会社の子会社である古河メタルリソース株式会社(社長:江本 善仁)、DOWAメタルマイン株式会社へ販売しております。

ハックルベリー銅鉱山位置図 ハックルベリー銅鉱山位置図

以上

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る