お知らせ

2016年5月17日

厚生労働省より女性活躍推進法に基づく優良企業として「えるぼし」認定を取得

三菱マテリアル株式会社(代表取締役社長:竹内 章、資本金:1,194億円)は、4月28日に厚生労働省より女性の活躍推進が優良な企業として「えるぼし(2段階目)」の認定を取得しましたので、お知らせいたします。

これは、4月1日に全面施行された女性活躍推進法に基づいて、一般事業主行動計画を策定し、届出を行った企業のうち、一定基準を満たした企業が厚生労働大臣の認定を受けることができる制度であり、当社は4月末日までに認定された46社のうち1社として認定されました。

「えるぼし」認定は3段階に分かれており、①採用、②継続就業、③労働時間等の働き方、④管理職比率、⑤多様なキャリアコースの評価項目のうち、当社は、②継続就労、③労働時間等の働き方、⑤多様なキャリアコースの3項目を満たし「えるぼし」2段階目の企業としての認定をうけたものです。

当社は、昨年2月に人事部内に多様化推進グループを新設し、人材の多様化に向けた取り組みを強化してまいりました。まず、女性社員の採用や長期就労に関する諸課題の抽出、施策の方向性の検討に取り組み、同年10月に女性活躍推進基本方針を制定し、具体的な施策を推進しております。さらに、女性活躍推進法施行にあわせて、上記基本方針に基づく当社行動計画を策定し、「厚生労働省委託事業 女性の活躍・両立支援総合サイト 両立支援のひろば」に公表しております(http://www.ryouritsu.jp/)。

今後も当社は、「人と社会と地球のために」という企業理念のもと、多様な働き方やさまざまな価値観を尊重する職場環境をつくる取り組みを強化することにより、全ての社員の満足度や働く意欲を向上し、持続的な発展をはかる基盤の強化を図ってまいります。

女性活躍推進法に基づく認定マーク「えるぼし(2段階目)」

女性活躍推進法に基づく認定マーク「えるぼし(2段階目)」
(画像をクリックして拡大イメージを表示)

以上

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る