お知らせ

2016年2月 1日

117年前に操業を開始した水力発電所「永田発電所」が最新鋭設備で再稼働
~「小又川第四発電所」と併せ、2つの水力発電所の設備を更新~

三菱マテリアル株式会社(取締役社長:竹内 章、資本金:1,194億円)の資源・リサイクル事業本部東北電力所は、このたび秋田県鹿角市に所在する「永田発電所」及び北秋田市に所在する「小又川第四発電所」の2つの水力発電所の老朽化した設備の更新工事を完了し、2015年(平成27年)12月18日及び22日よりそれぞれ運転を再開しましたので、お知らせいたします。

永田発電所は1898年(明治31年)、小又川第四発電所は1953年(昭和28年)に運転を開始した水力発電所で、ともに当社の旧尾去沢鉱山へ電力を供給しておりました。同鉱山の閉山後は、亜鉛地金を生産する当社秋田製錬所に供給先を変更しましたが、平成8年からは電力会社に全量を供給するに至っております。両発電所は設備の老朽化に伴い、永田発電所は2015年(平成27年)4月、小又川第四発電所2014年(平成26年)10月よりそれぞれ更新工事のため運転を休止しておりました。今回の更新工事完了により、永田発電所は最大出力600㎾から721㎾へ、小又川第四発電所は最大出力6,500㎾から6,808㎾へと最新鋭の設備を有する発電所として生まれ変わり、再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT制度)が適用された上、電力会社への電力供給を再開しました。

当社東北電力所は、鹿角地域3カ所、小又川地域3カ所で水力発電所を保有しており、これに鹿角地域で操業している大沼地熱発電所を加え、秋田県下に7か所の発電所を保有して、再生可能エネルギー事業を展開しております。

当社は、地球の恵みである水力や地熱などの再生可能な純国産エネルギーの一世紀にわたる開発の経験と実績を活かし、これからも貴重なクリーンエネルギーを活用し、「人と社会と地球のために」貢献してまいります。

(参考)東北電力所発電所の歴史
東北電力所水力発電所の歴史は古く、秋田県鹿角地域に当社が初めて建設した永田発電所の運転開始が1898年(明治31年)である。その後、同地域において、1907年(明治40年)に碇発電所、1920年(大正9年)に大湯発電所を、昭和に入ってからは小又川地域で小又川第一発電所、小又川第二発電所、小又川第三発電所(平成12年廃止)を建設した。1953年(昭和28年)には秋田県との共同事業である森吉ダム(ダム湖名:太平湖)と同時に小又川第四発電所も建設した。さらに、1974年(昭和49年)に大沼地熱発電所が運転を開始したことにより、現在では秋田県下に7か所の発電所を保有している。

東北電力所発電所位置図東北電力所発電所位置図

(画像をクリックして拡大イメージを表示)

永田発電所の建屋・水圧鉄管永田発電所の建屋・水圧鉄管 (画像をクリックして拡大イメージを表示)

永田発電所の水車・発電機永田発電所の水車・発電機 (画像をクリックして拡大イメージを表示)

小又川第四発電所と森吉ダム小又川第四発電所と森吉ダム (画像をクリックして拡大イメージを表示)

小又川第四発電所の発電機小又川第四発電所の発電機 (画像をクリックして拡大イメージを表示)

以上

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る