株主・投資家の皆様とともに

当社は株主・投資家の皆様に、当社事業をご理解いただき長期にわたってご支援いただけるよう、株主総会や各種説明会、IRツールを通じて適時適切な情報開示を進めています。

IRポリシーの策定

当社は従来より、株主、投資家等のステークホルダーの皆様への情報開示を積極的に行い、経営全般の透明性を高めていくことを方針としております。
加えて、IRに関する方針をより明確化するため、当社では2016年4月に「IRポリシー」を策定しました。同ポリシーには、情報開示に関する法的義務を遂行するのみならず、任意の情報についても適切な開示に努めることをはじめ、迅速・正確・公平な開示を行うこと、公平性を確保するために決算関連情報開示の「沈黙期間」を設けること、株主・投資家の皆様のご意見や課題認識を経営にフィードバックする仕組みを確保すること等を明記しています。

株主との対話

株主総会

当社では、毎年開催する定時株主総会を、株主の皆様と当社の経営トップとが直接対話する貴重な場として捉えています。そのため、株主の皆様が株主総会における報告事項及び決議事項について事前に十分検討いただけるよう、招集通知を早期に発送し、当社WEBサイト等でも開示しています。2012年からは、当社WEBサイト等での開示を早期化し、また役員報酬等の決定に関する方針やコーポレート・ガバナンスの状況等も事業報告の内容として記載する等、引き続き情報開示の充実に努めています。
更に、書面に加えてインターネットによる議決権の行使を可能としているほか、国内外の機関投資家向けの議決権電子行使プラットフォームにも参加しています。
株主総会当日には、議事の内容を分かりやすくご説明するため、映像やナレーションを用いています。また、各決議事項に対する議決権の行使結果を、株主総会終了後当社WEBサイト等で公表しています。

所有者別株式分布図 所有者別株式分布図

※ 端数処理により、構成比の合計が100%にならない場合があります。

経営説明会

2003年度より、株主総会終了後に株主の皆様を対象に経営説明会を実施、経営状況をご説明する機会を設けています。
2015年6月開催の経営説明会においては、当社の事業内容をより理解していただくために、経営幹部から、当社事業についてのプレゼンテーションを実施しました。更に、製品やパネルの展示をご覧いただきながら、経営幹部や事業責任者等と自由に懇談していただける場を設けました。これからも株主の皆様との双方向コミュニケーションの充実に努めていきます。

株主懇談会での懇談株主懇談会での懇談

投資家・株式市場との対話

投資家向けの説明会

当社では、機関投資家・証券アナリストの皆様を対象に四半期決算発表の都度、決算説明会を実施しています。
説明会では決算内容及び経営方針等の説明を行うとともに、参加者からのご質問・ご意見をいただき、経営陣にフィードバックする等、IR活動に反映しています。また、国内外で、随時工場説明会を実施しているほか、機関投資家・証券アナリストの皆様との個別ミーティングを実施し、事業戦略等の説明や活発な意見交換等、積極的にコミュニケーションを図っています。
個人投資家の皆様に対しては、2009年度より、個人投資家向け説明会に参加しています。今後も投資家の皆様にさまざまなIR活動を積極的に行い、情報開示を進めていきます。

決算説明会での説明(竹内社長)決算説明会での説明(竹内社長)

2015年度IR活動実績
項目 2015年度実績回数
機関投資家個別ミーティング 262
海外IR(欧州、米国、アジア) 24
機関投資家向け工場見学会 4
機関投資家向け事業説明会 1
機関投資家向け決算説明会 4

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る