三菱マテリアル株式会社 東北電力所
はじめに 地熱発電 水力発電 東北電力所概要 お問い合わせ 環境方針
森吉ダム
鹿角系発電所
小又川系発電所
発電所位置図
概要

永田発電所
 当所水力発電所では最も古く、明治31年に運転を開始した発電所(出力150kW ペルトン水車)です。その後鉱山の事業拡大に伴い、平成元年に水車(横軸フランシス)・発電機の更新・出力増強を図り、平成27年にFIT認定設備として水車(横軸フランシス)・発電機のほか建屋を更新しております。一部水路には明治の土木構造物の面影が見られる発電所です。

 
碇発電所
 明治40年に発電機1台(出力480kW 横軸フランシス水車)にて運転を開始し、その後出力増強(発電機計3台出力1,440kW)を図り、大正元年には周辺地区の民家への電力供給をした記録があります。
 平成2年に発電所の無人化と出力増強のため水車(横軸フランシス)・発電機を更新し、平成28年にFIT認定設備として水車(横軸フランシス)・発電機を更新しております。
 建築構造物は、明治時代のモダンな赤レンガ造りの面影を今でも残しており、平成17年には、(公社)土木学会より歴史的土木施設として土木遺産に認定されております。


 
大湯発電所
 大正9年に運転開始、その後昭和58年に出力増強のために水車(横軸フランシス水車)・発電機の更新をし現在に至ります。

 
  
 | 更新履歴 | サイトマップ | 
Copyright(C) 2006 Mitsubishi Materials Corporation. All Rights Reserve.