HOME »  製品紹介 »  精密実装材料 »  低アルファ線アノード

低アルファ線アノード

低アルファ線アノードの用途

めっき工法によるバンプ形成時の金属成分の補給に用いることができます。

低アルファ線アノードの特長

  • 0.002cph/cm2クラスの低アルファ線放出量
  • 均一で微細な結晶粒径で優れた溶解性を実現し安定しためっき付けが可能
  • 99.99%以上の高純度
  • 様々な形状を高い加工精度でご提供可能(ディスク、リング、ペレット等)
  • 紛争鉱物不使用
  • 当社めっき液との組み合わせで、より優れた性能を発揮

製品ラインナップ

 Pb-Sn合金SnCu
組成Pb-63%Sn
Pb-5%Sn
100%SnP含有Cu
形状ディスク
リング
ディスク
リング
ペレット
ディスク
純度99.99%以上
アルファ線放出量<0.01cph/cm2
<0.002cph/cm2
<0.002cph/cm2
対象ウエハサイズ8インチ
12インチ

関連資料

現在、閲覧できる関連資料はありません。

HOME ページの先頭へ戻る