2)共振対策

電源にサージが侵入し、図のような電源線とグラウンド間のサージ対策回路(A 点)が機能した場合、
その残留電圧が後段に伝わります。残留電圧は、ノイズフィルタやコイルのLC 共振により、増幅されて後段の回路を破壊する場合があります。対策として、コモンモードコイルの前後及びコイルの両端をサージアブソーバ(GDT2、GDT3)で等電位化する方法が推奨されます。

 


■推奨部品

  AC耐電圧試験条件 放電管1 バリスタ 放電管2
~AC125V
Test is not required CDA70-401L
DE37-401W
220V~270V
(φ10mm)
CDA70-301L
CDA70-401L
CDA70-501M
DE37-401W
DE37-501M
AC1,000V
AC1,200V
CDA70-272M
CDA70L-272M
FA55-272
~AC250V Test is not required CDA70-501M
DE37-501M
470V~680V
(φ10mm)
AC1,500V CDA70-302M
CDA70L-302M
FA55-302
AC1,800V CDA70-362M
CDA70L-362M
FA55-362
AC2,000V FA55-402
Copyright © Mitsubishi Materials Corporation All Rights Reserved.